<podcast更新>第076回ぶらぶら散歩、今回はカルロスの地元・吉祥寺編をお送りします!是非ブログと合わせてお楽しみ下さい!!

カルロスです。
人気企画、マルコさんと行く「ぶらぶら散歩」、今回はワタクシ、カルロスの地元である吉祥寺編をお送りします。
IMG_4913.JPG

続きを読む

<podcast更新>第077回マルコさん久しぶりの里帰り、南米ペルー訪問レポート

今回はマルコさんが故郷・ペルーへ久しぶりの里帰りをした際のお話になります。
peru.png
ずいぶんと変わった(=発展した)街並みには随分と驚いたとの事でしたが、幼少の頃の思い出、記憶が鮮やかに蘇り短くも印象に残った旅になった様子でした。
スポンサードリンク





<お知らせ>Studio Smoky カルロスへのご意見、ご感想は studiosmoky@gmail.com までお気軽にお寄せ下さい。
<お知らせ>
podcastを聴くにはiTunes storeの利用がとても便利です。
http://www.apple.com/jp/itunes/
iTunes storeにアクセスし、『義士庵』で検索して下さい。
タコラ隊長の「義士庵」、並びに当番組「義士庵presents Studio Smoky」がヒットします。
配信登録をすると、番組が更新される度にお使いのiTunesへ自動配信されます。

当ブログをお読みなり、もしくはポッドキャストをお聴き頂き少しでも興味・関心をお感じの際は、以下のソーシャルメディアボタンで共有してもらえると非常に有り難いです!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

<podcast更新>第078回マイさんが「もうひとつのプ女子」視点でプロレスに付いて語ってくれました!ぜひブログと合わせてお楽しみ下さい!!

『もうひとつのプ女子視点による、意外なプロレスの見方や刺さり方とは?』

第78回目の配信となる今回はマイさんに登場頂き、ここ最近のブームの内容とは異なる「もうひとつのプ女子視点」によるプロレスの楽しみ方をお話しして頂きました。
wrestling.png

続きを読む

<ブログのみ更新>大地震に見舞われたネパールより、エヴェレストトレック&富士山ゲストハウス水出社長が現地の様子をお伝えします。その1

『ネパールにて大地震発生!現地レポートをお送りします!!その1』
*当記事は、現地ネパールのカトマンズに在住のエヴェレストトレック&富士山ゲストハウス水出社長のFacebookへの書き込みを、ご本人の同意の上原文のまま転載したものです。

水出社長のFacebook
https://www.facebook.com/tadashi.mizuide

<ネパールにて地震発生!!>
1時間前4月25日お昼12時頃にネパールで震度4から5くらいの地震がありました。
普段地震が無い国なので多少の混乱が考えられます。
道路や建物も耐震を考えていないので被害が考えられます。

ゴールデンウィークにネパールにお越しをお考えの皆様はなるべく建物の下を歩くのは避けて、通りの真ん中を歩いてください。
カトマンズからポカラ行きの道やカトマンズからランタン行きの道の被害情報は情報が入り次第お伝えいたします。
カトマンズ・タメル地区の被害は大きくなく現在は平静を保っていますがネパール人は地震に慣れていないのでみんな怖がっています。
おって情報を追加していきます。
とりあえず無事です。

当ブログをお読みなり、少しでも興味・関心をお感じの際は、以下のソーシャルメディアボタンで拡散して頂ければ幸いです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

<ブログのみ更新>大地震に見舞われたネパールより、エヴェレストトレック&富士山ゲストハウス水出社長が現地の様子をお伝えします。その2

『ネパールにて大地震発生!現地レポートをお送りします!!その2』
*当記事は、現地ネパールのカトマンズに在住のエヴェレストトレック&富士山ゲストハウス水出社長のFacebookへの書き込みを、ご本人の同意の上転載したものです。

水出社長のFacebook
https://www.facebook.com/tadashi.mizuide

<ネパール・地震情報>
現在のネパール・カトマンズ。タメル地区の写真です。
大きく崩壊した場所は1か所だけでした。
あとは看板が落ちた場所が数か所レンガが落ちてきた場所が数か所ありました。
ラジオでは古い建物から出て広い場所に避難するようにと放送されています。

建物の崩壊に巻き混まれないように広い場所にネパール人、欧米人が避難しています。
タメル地区は殆どの商店、お土産屋さん、レストランが閉まっています。
幸い富士山ゲストハウスには大量の水とトレッキングツアー用の非常食・山食があるので1週間くらいは十分生活できますがそれ以上は物資の補給が必要です。
未確認情報ですがカトマンズ空港の滑走路が歪んでしまって暫く離着陸できない、とか首都機能が1週間はマヒするとか既に怪情報も流れています。

ネパールに渡航の予定の皆様は、最新の情報をお使いの旅行会社や航空会社から仕入れてください。
(自力で来る人は自己責任でお願い致します。私も自分のお客様で手いっぱいです。)
また何か情報が入りましたら書き込みますが、この先電力の供給が復活しなければ更新は難しいです。

富士山ゲストハウス 水出

nepal_9.jpg
nepal_10.jpg
nepal_11.jpg
nepal_13.jpg
nepal_12.jpg
当ブログをお読みなり、少しでも興味・関心をお感じの際は、以下のソーシャルメディアボタンで拡散して頂ければ幸いです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

<ブログのみ更新>大地震に見舞われたネパールより、エヴェレストトレック&富士山ゲストハウス水出社長が現地の様子をお伝えします。その3

『ネパールにて大地震発生!現地レポートをお送りします!!その3』
*当記事は、現地ネパールのカトマンズに在住のエヴェレストトレック&富士山ゲストハウス水出社長のFacebookへの書き込みを、ご本人の同意の上転載したものです。

水出社長のFacebook
https://www.facebook.com/tadashi.mizuide

<ネパール地震4月25日続報>
当初の私の予想より被害の規模が拡大しております。
現在日本時間2時15分、ネパール時間23時ネパールのラジオでは死者1500人を超えたとの報道です。

まずは安全第一に私達の身の安全を考えて行動しますが、何か出来ないかとも考え始めています
何とかこれ以上の被害を食い止めたいです。
これから考えられるのは安全な水を確保するのが難しくなります。
そして疫病の心配が出てきます。
衛生面に関してとても不安です。
食糧も不足するかもしれません。

しかし、私にはどうして良いかわかりません。
そこで皆さんのお知恵を拝借したいです。
何とか被害が広がらないようにご支援よろしくお願い致します。


以下知る範囲のネパールの現状です。
現在、カトマンズの空港は閉鎖されています。
いつ再開されるかはわかりません。
みんな建物の崩壊を恐れて広場に避難しています。

しかし、カトマンズの天候は不安定でいつ雨が降ってもおかしくありません。
また一部の悪い人がみんなの家が留守なのを良い事に空き巣・泥棒をしているとの情報もあり、富士山ゲストハウスでは建物の入り口の鍵、2階にある鉄のシャッター、3階の富士山ゲストハウス入口の鉄の扉と3か所とも完全に閉めきっています。

タメル地区では99%の建物は被害が小規模ですが、今後の余震でどうなるかわかりません。
ネパール政府は非常事態宣言をだして各国に支援を呼び掛けていますが、空港は閉鎖中です。
カトマンズとポカラを結ぶ道路上にある橋が損壊して通行できないとの情報があります。(未確認)

震源はカトマンズとポカラの真ん中くらいにあるゴルカのあたりらしいです。
そのあたりは特に建物の倒壊がひどいようです。
ルンビニも被害が大きいようです。
エベレストのベースキャンプで雪崩が起こり30名以上が死傷したとの情報です。

nepal_1.jpg
nepal_2.jpg
nepal_3.jpg
nepal_4.jpg
nepal_5.jpg
当ブログをお読みなり、少しでも興味・関心をお感じの際は、以下のソーシャルメディアボタンで拡散して頂ければ幸いです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

<ブログのみ更新>大地震に見舞われたネパールより、エヴェレストトレック&富士山ゲストハウス水出社長が現地の様子をお伝えします。その4

『ネパールにて大地震発生!現地レポートをお送りします!!その4』
*当記事は、現地ネパールのカトマンズに在住のエヴェレストトレック&富士山ゲストハウス水出社長のFacebookへの書き込みを、ご本人の同意の上転載したものです。

水出社長のFacebook
https://www.facebook.com/tadashi.mizuide

<ネパール大地震の続報です。>
4月26日ネパール時間9時、まだ電気は復旧していません。
バッテリーが切れれば通信も途絶えます
都市機能の回復までまだ時間がかかりそうです。

日本の災害派遣部隊の緊急援助隊が組織され早ければ今日70人位がネパールに到着しそうです。
エベレスト方面にトレッキングに行っていたお客様・日本語ガイドとも連絡が取れてました。
これで弊社のお客様、スタッフ全員の無事が確認できました。
これだけの大震災で身内に不幸が無かった事が奇跡的で感謝と喜びに打ち震えております。
しかし、スタッフの出身の村・ラムチェ村は大きな被害を受けました。
民家は殆ど倒壊し残っている家の方が少ないです。
幸いスタッフの家族は難を逃れたとの事ですが、住む家が倒壊してしまい昨夜は壊れた家のすぐ横の庭で夜を明かしたそうです。
これからどうするのか・・・

そこで、ネパール大地震・村再建基金(仮名)を立ち上げる事にしました。
私に何が出来るかわかりません。
ノウハウもありません。
しかし、現地ネパールに私は居ます。
自分の目に見える範囲は、手の届く場所くらいは何とかしたいです。

皆様のお知恵と厚かましいとは思いますが少しずつの援助をもし宜しければお願いたします
集まった金額、使用した金額は一円単位(1ルピー単位)で報告させて頂きます。
御支援をお預かりするとりあえずの口座です

新生銀行 新宿店 水出 正(ミズイデタダシ)
0397 550 0360082
現在、信用の置ける友人に専用の口座を開設するお願いをしています
(日曜日の為、開設は明日)後日そちらをご案内いたします。
その方が一元管理できて、ネパールへの送金もしやすいです。
よろしくお願い致します。
nepal_8.jpg
nepal_6.jpg
nepal_7.jpg
当ブログをお読みなり、少しでも興味・関心をお感じの際は、以下のソーシャルメディアボタンで拡散して頂ければ幸いです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

<podcast更新>第079回GW連休を前に悩める新社会人へ送ります!Ash、水出、カルロスがその仕事観をアツく語りました。

『新社会人たちよ、これを聴いて5月病を吹っ飛ばせ!?』

今回は、Ashさん、エヴェレストトレック&富士山ゲストハウス社長水出さんにカルロスがその仕事観についてアツく語りました。

biz.jpg

続きを読む

<ブログのみ更新>大地震に見舞われたネパールより、エヴェレストトレック&富士山ゲストハウス水出社長が現地の様子をお伝えします。その5

『ネパールにて大地震発生!現地レポートをお送りします!!その5』
*当記事は、現地ネパールのカトマンズに在住のエヴェレストトレック&富士山ゲストハウス水出社長のFacebookへの書き込みを、ご本人の同意の上転載したものです。

水出社長のFacebook
https://www.facebook.com/tadashi.mizuide

<ネパール大震災続報4月26日16時20分(現地)>
電気はカトマンズ全域でまだ復旧していません
今回が最後の報告になるかもしれません。
余震が断続的に続き、大きい揺れが来る度にネパール人の悲鳴が聞こえます。
地震には慣れている日本人も悲鳴には精神的に少しづつストレスになります。
町の商店は99%閉まっていて、1時間半歩いてやっと空いている店を見つけましたが、値段が高くなり普段の値段では買えません。
欧米人向けのパン屋さんなどは倍の値段を言われます。

しかし、町の広場の避難所には炊き出しが出来ていて誰でもミネラルウォーターや軽食が食べれます
富士山ゲストハウスの横にある中華レストランでも無料のお粥を提供しています。
カトマンズ在住の方で困っている方はご利用ください


町の広場にみんな集まっているので、今度は衛生面が不安になってきます。
トイレも圧倒的に不足しているようで、子供や男の人はそのまま物陰で垂れ流しが心配されます。
さすがに病院の近くの薬屋さんは空いていました。
料金も普段と同じです。必要な人に必要な薬が行くように少しだけこの先必要になるであろうダリアの薬(下痢止め)を買いました。

現在、カトマンズとポカラを結ぶバスは走っていません。
いつ再開するかわかりません。

カトマンズの空港は閉鎖されていますが(民間機)、各国の救助隊の飛行機は随時到着しているようです。
昨夜にはインドからの救助物資も届きました。
今日は航空機の音が何度も聞こえるので続々と各国の支援部隊が到着しているようです。
とてもありがたく、感謝感謝です。
一人でも多くの今でも瓦礫の下に居る方が救助される事を祈ります。

朝の投稿で皆様に援助の呼びかけをさせて頂きました。
沢山の応援や支援の約束、すでにお振込みして下さいました方もいらっしゃいます。
本当にありがとうございます。
お預かりした大切な支援金を有効に使えるように防災のスペシャリストの方からもご連絡いただき、この先の活動の方向性も明るいです。
これからも皆様のご声援ご支援よろしくお願い致します。

以下、今朝と同じ文章とさせていただきます。
スタッフの出身の村・ラムチェ村は大きな被害を受けました。
民家は殆ど倒壊し残っている家の方が少ないです。
幸いスタッフの家族は難を逃れたとの事ですが、住む家が倒壊してしまい昨夜は壊れた家のすぐ横の庭で夜を明かしたそうです。
これからどうするのか・・・
そこで、ネパール大地震・村再建基金(仮名)を立ち上げる事にしました。
私に何が出来るかわかりません。
ノウハウもありません。
しかし、現地ネパールに私は居ます。
自分の目に見える範囲は、手の届く場所くらいは何とかしたいです。
皆様のお知恵と厚かましいとは思いますが少しずつの援助をもし宜しければお願い致します。

集まった金額使用した金額は一円単位(1ルピー単位)で報告させて頂きます。
御支援をお預かりするとりあえずの口座です。
新生銀行 新宿店 普通口座 水出 正(ミズイデタダシ)
0397 550      0360082
皆様のご声援よろしくお願い致します。
nepal_n3.jpg
nepal_n4.jpg
nepal_n2.jpg
nepal_n1.jpg
当ブログをお読みなり、少しでも興味・関心をお感じの際は、以下のソーシャルメディアボタンで拡散して頂ければ幸いです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

<ブログのみ更新>エヴェレストトレック&富士山ゲストハウス水出社長より【ネパール大震災・村再建基金】口座設立の連絡が入りました!

『ネパール大地震から2日、救援の為の基金が設立されました!』

*当記事は、現地ネパールのカトマンズに在住のエヴェレストトレック&富士山ゲストハウス水出社長のFacebookへの書き込みを、ご本人の同意の上転載したものです。

水出社長のFacebook
https://www.facebook.com/tadashi.mizuide

【ネパール大震災・村再建基金】口座設立のご連絡
富士山ゲストハウスとソル・エベレストトレックのネパール人スタッフ(ミナ・ラマ・タマン、スンダール・ラマ・タマン)の出身の村・ラムチェ村は大きな被害を受けました。
民家は殆ど倒壊し残っている家の方が少ないです。

幸いスタッフの家族は難を逃れたとの事ですが、住む家が倒壊してしまい昨夜も壊れた家のすぐ横の庭で夜を明かしたそうです。
これからどうするのか・・・
そこで、自分の目に見える範囲は、手の届く場所くらいは何とかしたいと思い。
私に何が出来るかわかりません。
ノウハウもありません。
しかし、現地ネパールに私は居ます

皆様のお知恵と厚かましいとは思いますが少しずつの援助をもし宜しければお願い致します。

口座情報 ゆうちょ銀行
記号:10910
番号:21562071
おなまえ:ネパールダイシンサイ ムラサイケンキキン
【シンサイ】と【ムラ】の間に半角スペースがあるので注意

皆様、支援の輪をつなげて頂き本当にありがとうございます。
自分が思っている以上の反響の大きさに身の引き締まる思いです。
短期的、中期的、そして長期的な活動になると思います。
皆様のお知恵を拝借しながら、復興復旧に一歩一歩進んで行きたいと思います。
まずは、これ以上大きな余震がない事を祈ります。

水出 正
当ブログをお読みなり、少しでも興味・関心をお感じの際は、以下のソーシャルメディアボタンで拡散して頂ければ幸いです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓