<ブログのみ更新>深セン在住Yongさんの現地レポート『名創優品/メイソウの今後を予測してみる!』

今回は一部巷で噂の「名創優品」(以下メイソウと記載)、について書かせていただきたいと思う。

その中でも私がよく行く機会のある、深セン市羅湖区最大規模の繁華街である、「東門」にあるメイソウにスポットを当てて、今後の展開予測の参考にしたい。

yong_01.jpeg
スポンサードリンク



メイソウだが、その販売方式は、10元(約160円)均一となっている。
実はこの○○均一という店は以前から東門などの繁華街では多く見られるものである。
均一店の内は、入り口から奥に細長く伸びた作りをしており、まさにメイソウの一般的な店舗と同じ作りである。

店先には「2元店」や、「10元店」と書いた看板を掲げ、入り口付近に設置した脚立の上からは、客引きと万引き監視の両方の役割を担った店員が大声で呼び込みを行いつつも、店内に鋭い眼を光らせている。

このような店が乱立する「東門」の中でもメイソウは、客足が絶えない人気ぶりを見せている。
いわゆる「日本風味」を売りにした商品展開とマーケティングが大成功しているからだ。

そんなメイソウ人気にあやかろうと、ついにメイソウを模した店舗も現れ始めた。

写真は東門に最近できた類似店舗のひとつであるが、もはや何が言いたいのかすら分からない。

中国では誰かが成功すると、それの真似をして儲けてやろうと考える、いわゆる二匹目のドジョウを狙った輩が必ず現れる。
二匹目どころか三匹目、四匹目も貪欲に狙ってくる。
そして、消費者に対しては、あたかも自分たちがオリジナルであるかのような顔をして見せるのである。

今後もこのような店は、次々と現れる事だろう。

さて、元祖(と言って良いのか?)のメイソウの方はと言うと、店舗の拡大展開を見せてきている。

親会社と見られる哎呀呀(女性向け小物・アクセサリーの販売チェーン店)の比較的大型の店舗が以前有った場所には、いつの間にか立派なメイソウの店舗が建てられていたのだ。
これには驚かされた。
なんと言う変わり身の早さであろうか。

おそらく本部(?)がこちらの方が儲かると判断したのだろう。
こういう所の判断の早さは中国企業ならではであり、中国人の商売人魂を感じるところである。

この様に、店舗の拡大路線を見せているメイソウだが、今後の展開について私はこう予想している。

売り場面積の拡大により、10元オンリーの商品展開だけだと、品揃えに限界が現れてくる。
消費者に対しての訴求力も落ちてきてしまう。
そこで、商品のラインナップを、比較的高級・高品質にシフトし、まさに中国における無印良品のような店舗・品揃えに変えてゆくのではないかと考えている。(中国では無印良品は比較的高級路線)

それを裏付ける事象として、メイソウ池袋店のオープンが象徴される。

ここでの商品ラインナップはカルロスさんの調査にお任せするとして、日本に実店舗をオープンすることで、彼らは「from JAPAN感」を醸し出した演出から、本当の「from JAPAN」に変貌を遂げようとしているのである。(商品はmaid in chinaであるがw)
案外にもこのまま成長路線を駆け上がり、本家のユニクロや無印良品と肩を並べるブランドに成長する事も、有り得るのでは無いかと私は考えている。(勿論中国国内での話だが)

そうなってくると、今度はこの様なビジネスモデル「その物」を真似て、二匹目のドジョウを狙ってくる企業が出てくるはずだと私は推測している。
それは、メイソウの様な雑貨・小物の分野に限らず、加工食品や外食産業などの分野にも波及して行き、「日本発」を前面に押し出したブランド戦略が増えてくるのでは無いかと考えている。

yong_03.jpeg

yong_02.jpeg

yong_04.jpeg

yong_05.jpeg

写真のように、以前からお菓子などの加工食品では、怪しい日本語を冠した商品がかなり多く見られるが、今後は比較的資金力の有る企業が、ブランドとして大掛かりな展開を見せて来そうである。
ある日突然東京の街中に、メイソウのように見たことも聞いたこともない怪しいショップが乱立する、何てことも今後ありえるかも知れない。

今後どのような展開に向かうにしろ、メイソウには色々な意味で非常に興味をそそられる物があるのは確かである。
今後もメイソウとそれを取り巻く状況をウォッチして行こうと思う。

以上

by Yong@Shenzhen

スポンサードリンク



義士庵Presents Studio Smoky/スタジオスモーキー
http://studiosmoky.seesaa.net/

<お知らせ>
podcastを聴くにはiTunes storeの利用がとても便利です。
http://www.apple.com/jp/itunes/
iTunes storeにアクセスし、『義士庵』で検索して下さい。
タコラ隊長の「義士庵」、並びに当番組「義士庵presents Studio Smoky」がヒットします。
配信登録をすると、番組が更新される度にお使いのiTunesへ自動配信されます。

当ブログをお読みなり、もしくはポッドキャストをお聴き頂き少しでも興味・関心をお感じの際は、以下のソーシャルメディアボタンで共有してもらえると非常に有り難いです!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック