2015年04月26日

<ブログのみ更新>大地震に見舞われたネパールより、エヴェレストトレック&富士山ゲストハウス水出社長が現地の様子をお伝えします。その3

『ネパールにて大地震発生!現地レポートをお送りします!!その3』
*当記事は、現地ネパールのカトマンズに在住のエヴェレストトレック&富士山ゲストハウス水出社長のFacebookへの書き込みを、ご本人の同意の上転載したものです。

水出社長のFacebook
https://www.facebook.com/tadashi.mizuide

<ネパール地震4月25日続報>
当初の私の予想より被害の規模が拡大しております。
現在日本時間2時15分、ネパール時間23時ネパールのラジオでは死者1500人を超えたとの報道です。

まずは安全第一に私達の身の安全を考えて行動しますが、何か出来ないかとも考え始めています
何とかこれ以上の被害を食い止めたいです。
これから考えられるのは安全な水を確保するのが難しくなります。
そして疫病の心配が出てきます。
衛生面に関してとても不安です。
食糧も不足するかもしれません。

しかし、私にはどうして良いかわかりません。
そこで皆さんのお知恵を拝借したいです。
何とか被害が広がらないようにご支援よろしくお願い致します。


以下知る範囲のネパールの現状です。
現在、カトマンズの空港は閉鎖されています。
いつ再開されるかはわかりません。
みんな建物の崩壊を恐れて広場に避難しています。

しかし、カトマンズの天候は不安定でいつ雨が降ってもおかしくありません。
また一部の悪い人がみんなの家が留守なのを良い事に空き巣・泥棒をしているとの情報もあり、富士山ゲストハウスでは建物の入り口の鍵、2階にある鉄のシャッター、3階の富士山ゲストハウス入口の鉄の扉と3か所とも完全に閉めきっています。

タメル地区では99%の建物は被害が小規模ですが、今後の余震でどうなるかわかりません。
ネパール政府は非常事態宣言をだして各国に支援を呼び掛けていますが、空港は閉鎖中です。
カトマンズとポカラを結ぶ道路上にある橋が損壊して通行できないとの情報があります。(未確認)

震源はカトマンズとポカラの真ん中くらいにあるゴルカのあたりらしいです。
そのあたりは特に建物の倒壊がひどいようです。
ルンビニも被害が大きいようです。
エベレストのベースキャンプで雪崩が起こり30名以上が死傷したとの情報です。

nepal_1.jpg
nepal_2.jpg
nepal_3.jpg
nepal_4.jpg
nepal_5.jpg
当ブログをお読みなり、少しでも興味・関心をお感じの際は、以下のソーシャルメディアボタンで拡散して頂ければ幸いです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
posted by キャプテン カルロス at 18:15| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エベレストトレック水出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/417972711

この記事へのトラックバック