2015年05月02日

<ブログのみ更新>大地震に見舞われたネパールより、エベレストトレック&富士山ゲストハウス水出社長が現地の様子をお伝えします。その6

『ネパールにて大地震発生!現地レポートをお送りします!!その6』
*当記事は、現地ネパールのカトマンズに在住のエヴェレストトレック&富士山ゲストハウス水出社長のFacebookへの書き込みを、ご本人の同意の上転載したものです。

水出社長のFacebook
https://www.facebook.com/tadashi.mizuide

【ご報告、ネパール大震災・村再建基金への義援金総額】
皆様本当に暖かいご支援ありがとうございます。
平成27年5月1日午後6時現在皆様からお預かりしている支援金の総額が759,860円となりました。
本当に感謝しかありません。
大切に使わせて頂きます。

・第一陣の食料援助
雨を防ぐシートの設置で多くのネパール人が助かりました。
本当にありがとうございます。
十分な量ではありませんがこれで今から5日は飢えずにすみます。
第二陣の準備を開始しています。
ラムチェ村の近くではもう物資は買えない可能性が高いのでカトマンズで大量に購入してトラックで運びます。

・ネパールからお礼の言葉
皆さん沢山のご支援、ご声援、励ましのお言葉、投稿のシェア、支援の輪をつなげて頂き本当にありがとうございます。
短期的、中期的、段階を踏んで長期的な活動になると思います。
皆様のお知恵を拝借しながら、復興復旧に一歩一歩進んで行きたいと思います。
本来ならばお一人ずつお礼のご連絡をさせて頂くところですが、状況が状況なのでそれは後日改めてとさせていただきます。

お預かりしたご支援は目に見える形で収支をはっきりさせます。
1円単位(1ルピー単位)で公表しますのでご安心ください。
(申し訳ございません。少々お時間を頂きます。)

【ネパール大震災・村再建基金】口座設立のご連絡
富士山ゲストハウスとソル・エベレストトレックのネパール人スタッフ(ミナ・ラマ・タマン、スンダール・ラマ・タマンの姉弟)の出身の村・ラムチェ村は大きな被害を受けました。
ラムチェ村は200軒からなる小規模な村です。
その村の建物は殆どが倒壊しています。
村人も数十人亡くなり、生き残った村人も現在、畑に寝ている状態です。

地震がお昼頃だった事が不幸中の幸いでネパールの習慣では1日2食で(10時・19時)他の時間は畑仕事で地震があった時間は家を空けていたので多くの方が下敷きにならずに済みました。
自分の目に見える範囲は、手の届く場所くらいは何とかしたいと思い。
私に何が出来るかわかりません。
ノウハウもありません。
しかし、現地ネパールに私は居ます。
皆様のお知恵と厚かましいとは思いますが少しずつの援助をもし宜しければお願い致します。
ゆうちょ銀行からお振り込みの場合
口座情報 ゆうちょ銀行 普通預金
記号:10910
番号:21562071
おなまえ:ネパールダイシンサイ ムラサイケンキキン
※【シンサイ】と【ムラ】の間に半角スペースがあるので注意
ゆうちょ銀行以外からお振込みの場合
【店名】〇九八(読み ゼロキュウハチ)
【店番】098
【預金種目】普通預金
【口座番号】2156207

水出正
Nepal_0503_01.jpg
Nepal_0503_02.jpg
Nepal_0503_03.jpg
Nepal_0503_04.jpg
当ブログをお読みなり、少しでも興味・関心をお感じの際は、以下のソーシャルメディアボタンで拡散して頂ければ幸いです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
posted by キャプテン カルロス at 19:48| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エベレストトレック水出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/418307540

この記事へのトラックバック