<podcast更新!>第273回スマホアプリによるQRとバーコード決済の今を完全解説!ブログも合わせてご参考下さい!!

『Line Pay、PayPay、楽天Pay、d払いなど、百花繚乱のスマホ決済。あなたに最適のスマホ決済アプリを見つけよう!』
iphoneXR.jpg
今回の収録には、マルキー、ashさん、コンちゃん、ソウゴさん、Keiさんが参加してくれました。


|絶大だった、「PayPayキャンペーン」のインパクト!
スマホアプリによるQR並びにバーコード決済に関して記憶に新しいのは、昨年2018年12月3日から開始された「PayPay」による「100億円あげちゃうキャンペーン」です。
当初は、2019年3月までの期間想定として開始されたキャンペーンでしたが、何と開始からわずか10日間での「予算消化」となり、その分幅広い層に絶大なインパクトを与えました。この予測と実需の乖離は、スマホアプリによるQR並びにバーコード決済に関するユーザーへの関心が、このキャンペーンの前後では相当に変化が有った事を示している好例でしょう。
スマホ決済アプリとしては後発になる「PayPay」ですが、このキャンペーンにより一躍有名になり、元々このスマホ決済アプリに興味が無かった層にとっては、スマホ決済アプリの「代名詞」とさえなった感が有ります。
「PayPay」は、系列で言えばソフトバンク&ヤフー陣営。ソフトバンクと言えば、随分と昔になりますが、「Yahoo!BB」のADSL回線用のモデムを主要各駅前で「無料」で配布して、今回のキャンペーン以上のインパクトを消費者に与えると共に、日本における高速インターネット回線の普及は元より、その価格の引き下げに貢献した事を覚えている方も少なくないでしょう。
今回の「PayPay」のキャンペーンでは、そんな昔の記憶を呼び起こされた方も少なからず居るのでは無いでしょうか。



|あなたに合った「スマホ決済アプリ」とは?
番組の中でもお話しをして居ますが、各種あるスマホ決済アプリの中から最適解を見つけるのは中々難しいものですが、単純な基準はあると思います。
日常生活に密着すべきなのがスマホ決済アプリ、と言う考え方は概ね間違って居ないと思えるので、現在使っている様々なアプリ、Eコマース、携帯キャリアなどに関連、或いは紐づけが簡単に出来るものから先ずは選んでみると、「何が良いのだろう?」と言う迷いは解消出来るでしょう。
また、「スマホ決済アプリを使う必要性、或いは必然性が有るのか?」と言う根本的な疑問をお持ちの方も居るかも知れません。この疑問への答えは極めて簡単で「損をしたく無ければ使った方が良いでしょう」となります。(もちろん、スマホ決済アプリを使う事により個人の購買行動が企業のマーケティング活動に使われますが、これは各種ある「ポイントカード」とその目的は全く同じです。その深堀り程度にはかなりの差が有りますが。)
現在、日本においてはスマホ決済アプリの覇権争いが始まった段階と言え、今後も色んな「Pay」が各企業から出て来る事は間違いありません。
例)「ファミPay」「セブンPay」などのコンビニ系独自スマホ決済アプリなど
「競争が有る所に必ずお得な仕掛け有り」と言うのはセオリー中のセオリー。昨年12月の「PayPay」による「100億円あげちゃうキャンペーン」はその一例に過ぎません。



|スマホ決済アプリ大国、中国での推移は?
ちょうど一年前くらいに、当番組でお隣の国、中国におけるスマホ決済アプリに関するお話しをしました。
第220回中国ではキャッシュレスが最早常識!WeChatPayとAlipayに付いて語りました!

現在、中国でメジャーと言えるスマホ決済アプリは「WeChat Pay」「Ali Pay」の2強状態ですが、数年前には今の日本と同じ様に「スマホ決済アプリ百花繚乱」状態でした。そこから淘汰されて行き現在の2強状態に収まっています。
日本国内での趨勢は未だ分かりませんし、そもそもの話し「日常使いにおけるキャッシュレスの王様」にして「最強のスマホ決済アプリ」でもある「Suica」系がQR、バーコード決済対応化を果たせば、これは誰も敵わなくなる様な気もします。今の段階ではそれらしき情報は公開されていませんが、その動向が気になるところです。



|主要スマホ決済アプリを解説!
さて、それぞれに合ったスマホ決済アプリの見つけ方ですが、先にも述べましたが、現在使用して居るアプリやEコマース、あるいは携帯キャリアなどに紐づけられたものを選択して使ってみてはどうでしょうか。
主なスマホ決済アプリに関して、番組の中でもお話しをして居ますが、ここでも簡単に説明をしますのでご参考下さい。

・d払い
ドコモユーザーであれば、先ずは「d払い」を使ってみましょう。
「dポイント」の付与があなたのロイヤリティに準じて優遇されるかも知れません。

・Line Pay
言わずと知れた日本における最強の通話、メッセージアプリ「LINE」に紐づけられたスマホ決済アプリ。
「LINE」を使っていない人の方が珍しいと思いますので、スマホをお使いの方であれば「自動的」に「Line Pay」のアプリ自体は既にインストールされています。後は銀行口座との紐づけとチャージを済ませば直ぐに使えます。
セブンイレブンを除く全コンビニ、主要な居酒屋チェーンなどでも決済に便利かつお得に使えます。
また、「個人間」の送金システムが手数料無しで使え、煩わしい「ワリカン」時にとても便利です。また、遠方の人ととも瞬時にお金のやり取りが出来るのが魅力で、「Line Pay」内で確保された金額は紐づけられた銀行口座に、その金額の多寡に関係なく一回216円の手数料で振替が出来ます。

・楽天Pay
「LINE」と同様に「楽天市場」を使っていない人の方が珍しいと思いますが、その中でも「楽天カード」をメインカードとして普段使いして居る方にマッチするスマホ決済アプリが「楽天Pay」です。
銀行口座との紐づけは不要で、クレジットカードとの紐づけで使用出来ます。簡単に言えばクレジットカード代わりに使用できる、と言う感覚になります。(または「Edy」と同じ使用感覚。)
便利に感じるのは、先に設定を済ませておけば決済時に自動的に保有して居る「楽天ポイント」から使用してくれる事です。更に、この時に使用されるのは「期間限定ポイント」も含まれますので、「いつの間にか貯まっている」事が多い楽天ポイント(の中でも特に「期間限定」のポイント)の消化が普段使いの中で有効的に消化出来る点です。
また決済時においても通常通り、その金額に応じて「楽天ポイント」が付与されますので、その辺も便利なところです。
「楽天経済圏」で購買行動を行う方であれば、使ってみて損をする事は無いと思います。
セブンイレブンを除く全コンビニ、主要な居酒屋チェーンなどでも決済に便利かつお得に使えます。

・PayPay
「100億円あげちゃうキャンペーン」で一躍有名になりましたが、スマホ決済アプリとしては後発になります。
「楽天Pay」が「楽天経済圏」の方向け、また「d払い」がドコモユーザー向けであるのと同じ様に、この「PayPay」は「Yahoo経済圏」での購買行動が多く、「ソフトバンクモバイル」或いは「Yモバイル」ユーザーであればマッチするスマホ決済アプリとなります。
ソフトバンクの性格上、以降も先のキャンペーンの様なインパクトが有る施策を打って来る可能性が高く、その時には「Yahoo経済圏」「ソフトバンクモバイル」「Yモバイル」ユーザーへの恩恵は手厚いものになると予想されます。
セブンイレブンを除く全コンビニ、主要な居酒屋チェーンなどでも決済に便利かつお得に使えます。
また、他のスマホ決済アプリと比較して「QRコード」の読み取りによる決済機能が優れており、個人商店でも簡単に導入出来る事から、小規模店舗における採用の絶対数や、業種の幅の広さには特筆すべきものが有ります。日本におけるスマホ決済アプリの中で、本場中国での使われ方に最も似ているのがこの「PayPay」と言えましょう。



|先ずは身近なスマホ決済アプリから使ってみよう!
先に挙げたスマホ決済アプリ以外にも各種存在しており、その全てを紹介するのは困難ですが、それぞれに合ったスマホ決済アプリの見分け方、見つけ方のきっかけくらいにはなればと思います。
使ってみて損をする事はまず無いと思われますので、未だ使った事の無い方は一度気軽に試してみてはいかがでしょうか。

スタジオスモーキーの『LINEグループ』を始めました。たま~に、ですが限定情報なんかをここで流しています。参加希望の方はLINEでID検索を「studiosmoky」にて掛けてカルロス宛に友達申請をして下さい。折り返し、当LINEグループへの招待をお送りします。
毎週日曜日ポッドキャスト更新中!スタジオスモーキー
http://studiosmoky.seesaa.net/
<お知らせ>スタジオスモーキー・カルロスへのご意見、ご感想はstudiosmoky@gmail.com までお気軽にお寄せ下さい。
<お知らせ>podcastを聴くにはiTunes storeの利用がとても便利です。
http://www.apple.com/jp/itunes/
iTunes storeにアクセスし、『スタジオスモーキー』で検索して下さい。当番組「スタジオスモーキー」がヒットします。配信登録をすると、番組が更新される度にお使いのiTunesへ自動配信されます。
当ブログをお読みなり、もしくはポッドキャストをお聴き頂き少しでも興味・関心をお感じの際は、以下のソーシャルメディアボタンで拡散してもらえると非常に有り難いです!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

この記事へのコメント