2015年04月26日

<ブログのみ更新>大地震に見舞われたネパールより、エヴェレストトレック&富士山ゲストハウス水出社長が現地の様子をお伝えします。その4

『ネパールにて大地震発生!現地レポートをお送りします!!その4』
*当記事は、現地ネパールのカトマンズに在住のエヴェレストトレック&富士山ゲストハウス水出社長のFacebookへの書き込みを、ご本人の同意の上転載したものです。

水出社長のFacebook
https://www.facebook.com/tadashi.mizuide

<ネパール大地震の続報です。>
4月26日ネパール時間9時、まだ電気は復旧していません。
バッテリーが切れれば通信も途絶えます
都市機能の回復までまだ時間がかかりそうです。

日本の災害派遣部隊の緊急援助隊が組織され早ければ今日70人位がネパールに到着しそうです。
エベレスト方面にトレッキングに行っていたお客様・日本語ガイドとも連絡が取れてました。
これで弊社のお客様、スタッフ全員の無事が確認できました。
これだけの大震災で身内に不幸が無かった事が奇跡的で感謝と喜びに打ち震えております。
しかし、スタッフの出身の村・ラムチェ村は大きな被害を受けました。
民家は殆ど倒壊し残っている家の方が少ないです。
幸いスタッフの家族は難を逃れたとの事ですが、住む家が倒壊してしまい昨夜は壊れた家のすぐ横の庭で夜を明かしたそうです。
これからどうするのか・・・

そこで、ネパール大地震・村再建基金(仮名)を立ち上げる事にしました。
私に何が出来るかわかりません。
ノウハウもありません。
しかし、現地ネパールに私は居ます。
自分の目に見える範囲は、手の届く場所くらいは何とかしたいです。

皆様のお知恵と厚かましいとは思いますが少しずつの援助をもし宜しければお願いたします
集まった金額、使用した金額は一円単位(1ルピー単位)で報告させて頂きます。
御支援をお預かりするとりあえずの口座です

新生銀行 新宿店 水出 正(ミズイデタダシ)
0397 550 0360082
現在、信用の置ける友人に専用の口座を開設するお願いをしています
(日曜日の為、開設は明日)後日そちらをご案内いたします。
その方が一元管理できて、ネパールへの送金もしやすいです。
よろしくお願い致します。
nepal_8.jpg
nepal_6.jpg
nepal_7.jpg
当ブログをお読みなり、少しでも興味・関心をお感じの際は、以下のソーシャルメディアボタンで拡散して頂ければ幸いです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
posted by キャプテン カルロス at 18:33| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エベレストトレック水出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月27日

<ブログのみ更新>大地震に見舞われたネパールより、エヴェレストトレック&富士山ゲストハウス水出社長が現地の様子をお伝えします。その5

『ネパールにて大地震発生!現地レポートをお送りします!!その5』
*当記事は、現地ネパールのカトマンズに在住のエヴェレストトレック&富士山ゲストハウス水出社長のFacebookへの書き込みを、ご本人の同意の上転載したものです。

水出社長のFacebook
https://www.facebook.com/tadashi.mizuide

<ネパール大震災続報4月26日16時20分(現地)>
電気はカトマンズ全域でまだ復旧していません
今回が最後の報告になるかもしれません。
余震が断続的に続き、大きい揺れが来る度にネパール人の悲鳴が聞こえます。
地震には慣れている日本人も悲鳴には精神的に少しづつストレスになります。
町の商店は99%閉まっていて、1時間半歩いてやっと空いている店を見つけましたが、値段が高くなり普段の値段では買えません。
欧米人向けのパン屋さんなどは倍の値段を言われます。

しかし、町の広場の避難所には炊き出しが出来ていて誰でもミネラルウォーターや軽食が食べれます
富士山ゲストハウスの横にある中華レストランでも無料のお粥を提供しています。
カトマンズ在住の方で困っている方はご利用ください


町の広場にみんな集まっているので、今度は衛生面が不安になってきます。
トイレも圧倒的に不足しているようで、子供や男の人はそのまま物陰で垂れ流しが心配されます。
さすがに病院の近くの薬屋さんは空いていました。
料金も普段と同じです。必要な人に必要な薬が行くように少しだけこの先必要になるであろうダリアの薬(下痢止め)を買いました。

現在、カトマンズとポカラを結ぶバスは走っていません。
いつ再開するかわかりません。

カトマンズの空港は閉鎖されていますが(民間機)、各国の救助隊の飛行機は随時到着しているようです。
昨夜にはインドからの救助物資も届きました。
今日は航空機の音が何度も聞こえるので続々と各国の支援部隊が到着しているようです。
とてもありがたく、感謝感謝です。
一人でも多くの今でも瓦礫の下に居る方が救助される事を祈ります。

朝の投稿で皆様に援助の呼びかけをさせて頂きました。
沢山の応援や支援の約束、すでにお振込みして下さいました方もいらっしゃいます。
本当にありがとうございます。
お預かりした大切な支援金を有効に使えるように防災のスペシャリストの方からもご連絡いただき、この先の活動の方向性も明るいです。
これからも皆様のご声援ご支援よろしくお願い致します。

以下、今朝と同じ文章とさせていただきます。
スタッフの出身の村・ラムチェ村は大きな被害を受けました。
民家は殆ど倒壊し残っている家の方が少ないです。
幸いスタッフの家族は難を逃れたとの事ですが、住む家が倒壊してしまい昨夜は壊れた家のすぐ横の庭で夜を明かしたそうです。
これからどうするのか・・・
そこで、ネパール大地震・村再建基金(仮名)を立ち上げる事にしました。
私に何が出来るかわかりません。
ノウハウもありません。
しかし、現地ネパールに私は居ます。
自分の目に見える範囲は、手の届く場所くらいは何とかしたいです。
皆様のお知恵と厚かましいとは思いますが少しずつの援助をもし宜しければお願い致します。

集まった金額使用した金額は一円単位(1ルピー単位)で報告させて頂きます。
御支援をお預かりするとりあえずの口座です。
新生銀行 新宿店 普通口座 水出 正(ミズイデタダシ)
0397 550      0360082
皆様のご声援よろしくお願い致します。
nepal_n3.jpg
nepal_n4.jpg
nepal_n2.jpg
nepal_n1.jpg
当ブログをお読みなり、少しでも興味・関心をお感じの際は、以下のソーシャルメディアボタンで拡散して頂ければ幸いです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
posted by キャプテン カルロス at 00:00| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エベレストトレック水出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<ブログのみ更新>エヴェレストトレック&富士山ゲストハウス水出社長より【ネパール大震災・村再建基金】口座設立の連絡が入りました!

『ネパール大地震から2日、救援の為の基金が設立されました!』

*当記事は、現地ネパールのカトマンズに在住のエヴェレストトレック&富士山ゲストハウス水出社長のFacebookへの書き込みを、ご本人の同意の上転載したものです。

水出社長のFacebook
https://www.facebook.com/tadashi.mizuide

【ネパール大震災・村再建基金】口座設立のご連絡
富士山ゲストハウスとソル・エベレストトレックのネパール人スタッフ(ミナ・ラマ・タマン、スンダール・ラマ・タマン)の出身の村・ラムチェ村は大きな被害を受けました。
民家は殆ど倒壊し残っている家の方が少ないです。

幸いスタッフの家族は難を逃れたとの事ですが、住む家が倒壊してしまい昨夜も壊れた家のすぐ横の庭で夜を明かしたそうです。
これからどうするのか・・・
そこで、自分の目に見える範囲は、手の届く場所くらいは何とかしたいと思い。
私に何が出来るかわかりません。
ノウハウもありません。
しかし、現地ネパールに私は居ます

皆様のお知恵と厚かましいとは思いますが少しずつの援助をもし宜しければお願い致します。

口座情報 ゆうちょ銀行
記号:10910
番号:21562071
おなまえ:ネパールダイシンサイ ムラサイケンキキン
【シンサイ】と【ムラ】の間に半角スペースがあるので注意

皆様、支援の輪をつなげて頂き本当にありがとうございます。
自分が思っている以上の反響の大きさに身の引き締まる思いです。
短期的、中期的、そして長期的な活動になると思います。
皆様のお知恵を拝借しながら、復興復旧に一歩一歩進んで行きたいと思います。
まずは、これ以上大きな余震がない事を祈ります。

水出 正
当ブログをお読みなり、少しでも興味・関心をお感じの際は、以下のソーシャルメディアボタンで拡散して頂ければ幸いです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
posted by キャプテン カルロス at 16:34| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エベレストトレック水出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月02日

<ブログのみ更新>大地震に見舞われたネパールより、エベレストトレック&富士山ゲストハウス水出社長が現地の様子をお伝えします。その6

『ネパールにて大地震発生!現地レポートをお送りします!!その6』
*当記事は、現地ネパールのカトマンズに在住のエヴェレストトレック&富士山ゲストハウス水出社長のFacebookへの書き込みを、ご本人の同意の上転載したものです。

水出社長のFacebook
https://www.facebook.com/tadashi.mizuide

【ご報告、ネパール大震災・村再建基金への義援金総額】
皆様本当に暖かいご支援ありがとうございます。
平成27年5月1日午後6時現在皆様からお預かりしている支援金の総額が759,860円となりました。
本当に感謝しかありません。
大切に使わせて頂きます。

・第一陣の食料援助
雨を防ぐシートの設置で多くのネパール人が助かりました。
本当にありがとうございます。
十分な量ではありませんがこれで今から5日は飢えずにすみます。
第二陣の準備を開始しています。
ラムチェ村の近くではもう物資は買えない可能性が高いのでカトマンズで大量に購入してトラックで運びます。

・ネパールからお礼の言葉
皆さん沢山のご支援、ご声援、励ましのお言葉、投稿のシェア、支援の輪をつなげて頂き本当にありがとうございます。
短期的、中期的、段階を踏んで長期的な活動になると思います。
皆様のお知恵を拝借しながら、復興復旧に一歩一歩進んで行きたいと思います。
本来ならばお一人ずつお礼のご連絡をさせて頂くところですが、状況が状況なのでそれは後日改めてとさせていただきます。

お預かりしたご支援は目に見える形で収支をはっきりさせます。
1円単位(1ルピー単位)で公表しますのでご安心ください。
(申し訳ございません。少々お時間を頂きます。)

【ネパール大震災・村再建基金】口座設立のご連絡
富士山ゲストハウスとソル・エベレストトレックのネパール人スタッフ(ミナ・ラマ・タマン、スンダール・ラマ・タマンの姉弟)の出身の村・ラムチェ村は大きな被害を受けました。
ラムチェ村は200軒からなる小規模な村です。
その村の建物は殆どが倒壊しています。
村人も数十人亡くなり、生き残った村人も現在、畑に寝ている状態です。

地震がお昼頃だった事が不幸中の幸いでネパールの習慣では1日2食で(10時・19時)他の時間は畑仕事で地震があった時間は家を空けていたので多くの方が下敷きにならずに済みました。
自分の目に見える範囲は、手の届く場所くらいは何とかしたいと思い。
私に何が出来るかわかりません。
ノウハウもありません。
しかし、現地ネパールに私は居ます。
皆様のお知恵と厚かましいとは思いますが少しずつの援助をもし宜しければお願い致します。
ゆうちょ銀行からお振り込みの場合
口座情報 ゆうちょ銀行 普通預金
記号:10910
番号:21562071
おなまえ:ネパールダイシンサイ ムラサイケンキキン
※【シンサイ】と【ムラ】の間に半角スペースがあるので注意
ゆうちょ銀行以外からお振込みの場合
【店名】〇九八(読み ゼロキュウハチ)
【店番】098
【預金種目】普通預金
【口座番号】2156207

水出正
Nepal_0503_01.jpg
Nepal_0503_02.jpg
Nepal_0503_03.jpg
Nepal_0503_04.jpg
当ブログをお読みなり、少しでも興味・関心をお感じの際は、以下のソーシャルメディアボタンで拡散して頂ければ幸いです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
posted by キャプテン カルロス at 19:48| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エベレストトレック水出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月19日

告知&緊急配信!ネパールより一時帰国中の水出さんが出演するイベントのお知らせです!!詳細はブログをご参照下さい。

『2015年5月23日土曜日水戸プリンスホテルにて13時30分開始のイベント告知!』

震災に見舞われたネパールより一時帰国中の水出さんが出演されるイベントの告知です。
詳細は以下を参照下さい。
*イベント告知のFBページより転載しました。
https://www.facebook.com/events/1583861001893385/permalink/1585627488383403/





************************************************************
=================================
【ネパールの復興を願って】ヒマラヤアイランドピーク登頂&ネパール大地震現況報告会
=================================

日時:2015年5月23日(土)13:30~18:00

スケジュール 
第一部
13:30〜15:00  アイランドピーク(6189m)登頂報告会(佐々木 理人さん)

第二部
15:00〜16:30 ネパール、ゲストハウスオーナーによる大地震現況報告(水出 正さん)

16:30〜懇親会(無料)

場所:水戸プリンスホテル 
茨城県水戸市桜川2−2−11 常磐線水戸駅 徒歩5分


参加費:無料(懇親会費は無料です)

※本報告会は元々、佐々木さんのアイランドピーク登頂報告会として計画されましたが、大地震の発生を受け、急きょカトマンズのゲストハウス日本人オーナー水出さんのお話も伺える場を設けました。
水出さんはご自身も被災されましたが、現在ネパールで支援活動されています。
報告会前に帰国予定です。
現地の今の状況をお話しいただきます

【報告会開催の理由】
私(佐々木)は(2015年)3月末から4月初旬にかけてアイランドピーク(標高6189m)という山へ行ってきました。
難易度は高くないものの、ヒマラヤ山脈の中にたたずむとても立派な山です。
そんな山に今回は、3人のメンバーで登ってきました。

その際、山登り自体もとても楽しいものでしたが、現地の方々や滞在されている日本人方にお世話になり、充実した時間を過ごすことができました。

しかし、そんなネパールが大震災により多くの方が亡くなり、今も苦しんでいる方がたくさんいます。
ついこないだまで、一緒に笑い、歌い肩を並べあった仲間が今この瞬間も震災に見舞われているのだと思うと、とても辛く毎日そのことばかりを考えてしまいます。

「何か協力できれば、、、、」

それを考えて出た答えは、少しでもネパールの現状を発信することだと考えました。
自分自身に何ができるかわかりません。だけど、それを通じて少しでも形になればと思っております。

【寄付金について】
現在連絡を取り合っている(ネパールカトマンズの)富士山ゲストハウスへ送金したいと思っています。
その際に使われ道として、食料やその他トラックチャーター代になど回るかと思います。
また、現在日本側でもアウトドアメーカー各所へ呼びかけをおこなっており、ネパールでは手に入らないテントやタープ、ソラーパネルなどを今後、輸送する予定となっています。
そこにも寄付金を当てさせていただけるのであれば大変助かります。

アウトドア支援サイト:
http://musubu-project.com/index.html

【富士山ゲストハウスについて】
2014年12月ネパール・カトマンズ・タメル地区に誕生したゲストハウスです。
元々は旅人のオーナー水出 正がネパール人の雇用の為に始めました。
ネパールに旅行に来る皆様に安全そして快適にご滞在頂けるようなゲストハウスを目指します。
旅の情報収集の場として使って頂ける場所をご提供します。

※水出 正さんのFBでは、現在の支援活動と現地の状況がアップされています
https://www.facebook.com/tadashi.mizuide


※報告者水出さんの希望で報告会のタイトルが下記に変更しました
【ネパールの復興を願って】ヒマラヤ、アイランドピーク登頂&ネパール大震災・村再建基金、活動報告会


<お知らせ>Studio Smoky カルロスへのご意見、ご感想は studiosmoky@gmail.com までお気軽にお寄せ下さい。
<お知らせ>
podcastを聴くにはiTunes storeの利用がとても便利です。
http://www.apple.com/jp/itunes/
iTunes storeにアクセスし、『義士庵』で検索して下さい。
タコラ隊長の「義士庵」、並びに当番組「義士庵presents Studio Smoky」がヒットします。
配信登録をすると、番組が更新される度にお使いのiTunesへ自動配信されます。

当ブログをお読みなり、もしくはポッドキャストをお聴き頂き少しでも興味・関心をお感じの際は、以下のソーシャルメディアボタンで共有してもらえると非常に有り難いです!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
posted by キャプテン カルロス at 05:19| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エベレストトレック水出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする